よりよいピンクコンパニオンを選ぶためにimage
ピンクコンパニオンはなぜ流行るのでしょう?

ピンクコンパニオンは、なぜこうも流行っているのでしょうか。

敢えて答える必要もなさそうですが、ピンクコンパニオンの歴史も含めて振り返っておきましょう。

■男性がいる限り、この商売に終わりは来ない。

なぜピンクコンパニオンのような商売が流行るのかという質問は、愚問のようにも感じますが、敢えて答えるのなら「男性が女の子を好きだから」です。

そうとしか答えられません。

生物学的に神様がそのようにつくったそうです(笑い)。

そもそもピンクコンパニオンは、飯坂温泉や白子温泉など、日本各地の温泉旅館に酌婦として派遣していた女の子たちが始まりです。

■都市宴会需要がピンクコンパニオンを定着させた。

ピンクコンパニオンは、都市宴会需要の伸びで、コンパニオン=スーパーコンパニオン=ピンクコンパニオンと進化したものです。

彼女たちの派遣が高額だといっても、サービスが金額に見合っていなければ商売として成立しないでしょう。

リピーターがつかないわけですから、ピンクコンパニオン業界としての発展もないはずです。

何が満足なのかは、利用者に聞いてみないと分かりませんが(笑い)。

■世の中に男性という生物がいる限り、ピンクコンパニオンは流行る。

風俗も性風俗も絶えることはないはずです。

昭和の中盤くらいまでは、アカセンが許されていました。

いまでいう売春宿です。

それがいけないとなりましたが、結局は形を変え、さまざまな性風俗が誕生しました。

ピンクコンパニオンが風俗か性風俗かは別にして、女の子が大好きな男性の存在がある限りピンクコンパニオンは安泰です。

この記事へのコメントを募集しています。

名前

コメント

Copyright By よりよいピンクコンパニオンを選ぶために. All Rights Reserved.